質屋を開くには

もし、あなたが質屋を開きたいと思っているのであれば、何よりもしなければいけないことがあります。

それは、許可を取得することです。

質屋の許可は営業法によって定められており、無許可での営業は罰則の対象となります。

許可の申請は、営業所の所在地を管轄する警察署に行います。

ほとんどの警察には生活安全課という所がありますので、そこに申請書を提出することになります。

各警察署のウェブサイトなどに申請書の書式が掲載されていますし、窓口で用紙をもらうことも可能です。

さらに、必要な添付書類などもありますから、窓口で確認しましょう。

また、申請には所定の申請手数料25000円が必要です。

手数料を納付して、許可の申請を行った後、内容に問題さえなければ、概ね2ヶ月程度で許可が下りてくる筈です。

ちなみに、破産者、禁錮以上の受刑者、住居の定まらない者は許可を受けることはできませんので注意が必要です。

そして、許可が下りて初めて質屋として営業できますので、それまで取引などを行わないように気をつけてください。

店舗を開くにせよ、ネット上でオンラインショップを開くにせよ、質屋の許可がなければ違法となってしまいます。

まずはしっかりと許可が下りるように準備することを考えましょう。

コメントは受け付けていません。