質屋の利益

質屋の利益の多くは、金融業ですから、当然のことながらその利息で成り立っています。

といっても、質屋によって好きに利息を決めるわけではなく、質屋営業法で利率が定められております。(具体的な利率に関しては、ここでは明記致しません。)

そして、質入れをした場合の返済期間は、3ヶ月という短期間に定められています。

人によって感じ方は違うかもしれませんが、”質屋の利息は高い”と感じる方もいらっしゃるとおもいます。

そして、利率から管理費や人件費を差し引いたものが、質屋の利益になるというわけです。

仕入れもせず、原価も低く、そう考えるとなかなか良い商売かもしれませんが、質屋は基本的に「お客待ち」の商売です。

つまり、お客が来なければその月の売り上げはゼロという、非常に不安定な仕事なのです。

ですから、質屋はボロい商売だ、儲けたい放題だ、と言った考え方は捨てた方が良いかもしれません。

また、お金を借りに来た人を断ることはできませんので、しっかりとしたキャッシュもなくてはなりません。

不安定なだけに来客数は読めませんので、注意が必要なところでしょう。

店舗を開くにせよ、ネット上でオンラインショップを開くにせよ、質屋の許可がなければ違法となってしまいます。

まずはしっかりと許可が下りるように準備することを考えましょう。

コメントは受け付けていません。